肌のシミを隠せるファンデーションのおかげ

肌のシミを隠せるファンデーションのおかげ

子供の頃、どうして大人女性はファンデーションを塗るのか不思議でした。自分の肌に隠すところがなかったから大人女性がメイクをするのが不思議だったんです。そんなに肌を覆い隠すことはないんじゃないかと子供の頃思っていたのです。

 

その考えが変わったというか大人女性がファンデーションを塗る理由が分かったのは私に肌にシミが出たとき。その時やっとファンデーションを塗ってシミを隠したいと思ったのです。それからかなりの年月が経ちました・・・未だに外に出るときはファンデーションを塗っています。

 

「肌にシミがあってもポイントメイクをすればそこに目が行きシミは気にならない」なんて考えたこともありましたが、目を強調しても唇を強調してもシミに目が行ってしまいます・・・。頬の高い部分に3つ目立つシミがあり、場所が場所だけに目について隠さずにいられません。

 

さて、ここ最近パウダーファンデーションだけでシミを隠せるようになったのでメイク時間が短くなりました。それまではパウダーファンデーションだけでシミを隠すことは難しく、コンシーラで隠してパウダーファンデーションを重ねていましたが、肌色補正ができるファンデーションに変えてから楽になりましたよ。

 

 

シミやたるみ吹き出物が気になったら素肌でいる時間を増やす

男性の肌を見ているときれいだなと感じる人がなかなか多いことに気づきます。大人女性でもスッピンの状態できれいな肌だなとうらやましくなることもたまにありますが、そういう美しい肌の女性にはあまり出会いません。若い女性はもちろんシミやたるみがない肌で美しいと思うことが多いです。

 

加齢していくのだから年々身体の状態も肌の状態も変わるのは仕方がありませんね。いろんな人の素肌を見る中で「メイクの回数を減らすと肌が元気になるんじゃないか」と何となく感じました。毎日毎日、朝から晩までメイクをしていると肌は弱っていくのかもしれません・・・。

 

だからいつも素肌で過ごす男性の肌は美しいのかもしれません。男性でも化粧水をつけたり乳液をつける人がいますが、そうやって肌を甘やかさずに放っておく人の方が肌はきれいです。こまめに肌の手入れをする人が吹き出物で悩んでいるように思えるのです・・・。

 

肌のシミとかたるみは加齢に伴う変化でどうしようもないけれど、素肌でいる時間を増やせば肌は自ら潤いを出し、そして元気になるような気がします。私は週4日メイクをしてそのほかはスッピンで過ごしています。吹き出物がなくなっただけでも良い変化です。