エクササイズでたるみを予防

エクササイズでたるみを予防

たるみを改善するために、顔の筋肉を鍛えるために顔のエクササイズを行う場合があります。様々な本やDVD等で紹介されているが、ローラーの美顔器を使ったり顔のエクササイズ等マッサージを行っている人は多いはずです。

 

しかしマッサージをやり過ぎたりやり方を間違えると、顔の皮膚は薄いので伸ばしてしまいシワやたるみを反対に作ってしまいます。こうなるのなら、プロに任せた方が安心です。実は筋肉は鍛えるよりも、リラックスさせる方が重要になります。

 

マッサージを自分で行う場合は、顔ではなくて首から肩に後頭部から髪の生え際から鎖骨に耳たぶを挟んで首等を行います。手のひらで優しく撫でおろすようにして、鎖骨のくぼみにリンパを流すようにする方法がたるみやむくみを解消するのにとても効果的です。

 

リンパが流れていくと血行がよくなるので、溜まっていた老廃物が出るようになります。むくみが解消されると、皮膚が重力によってたれさがる事がなくなります。これで、たるみの予防が出来ます。

 

マッサージは毎日行っていき、洗顔を行った後やスキンケアを行う時に同時に取り入れると効果的です。自分で行う時には、力強くこすらないように気を付ける事が重要です。

 

 

顔がむくまないためにやっておきたいこと

顔の輪郭が崩れてきたな・・・と思うことってありますよね。そういうときっていくらメイクをしてもバッチリ決まらなくて悲しいですよね・・・。マッサージをしてみてもそのくらいのケアでは顔の輪郭はきれいになりません。

 

だけど顔の輪郭って変えることができるんです。朝起きて顔がむくんでいることがあると思いますが、むくみが顔の輪郭を変えていることが多いのでむくまないようにそこを考えるだけでも違います。夜寝る前に水分を摂らない、摂ったとしても少なめにするなどむくみがひどい人は対策をしましょうね。

 

本当は寝る前にコップ半分程度の水は飲んだ方が身体に良いと言われています。眠っている間にも水分は身体から出ていくから、血液がどろどろにならないためにコップ半分程度の水分補給は推奨されているんです。

 

ですが、顔のむくみがひどい人は水分が余っている状態。だから寝る前の水分補給は必ずしも必要じゃないんですね。朝起きたときまぶたがむくんで目が小さくなってしまう人や、頬のたるみがひどくほうれい線が目立つ人は寝る前の水分補給をやめてみても良いと思いますよ。

 

むくんで顔の輪郭が変わるなら夕方くらいから水分の摂りすぎを防ぐことも大事でしょう。