肌のたるみを改善する

肌のたるみを改善する

たるみになる最大の原因は、加齢です。皮膚は表面から順番に表皮で真皮で皮下組織の3層からなっていて、その下に脂肪組織と筋肉があります。真皮を支えている繊維成分であるコラーゲンとエラスチンが、年齢を重ねると減少していきます。肌のハリや弾力がなくなっていき、たるみを引き起こしてしまいます。

 

コラーゲンとエラスチンは、紫外線を浴びるとダメージを受けてしまいます。紫外線を浴びすぎるとシワやたるみが出来やすくなり、中々元に戻りにくくなります。屋外で長時間動く場合、長時間日焼けをしている除隊になりシワを深くなってしまいます。

 

皮膚細胞内の水分が不足した状態になってしまうと、肌のバリア機能が低下していき肌のハリと弾力が失われます。この結果、たるみやシワの原因に繋がります。姿勢が悪い事でも肌のたるみに影響を受けてしまうので、姿勢を意識して正す事が必要です。

 

顔の筋肉は首の後ろから背中にかけて広がる筋肉と僧帽筋に繋がっていて、僧帽筋が顔の皮膚と筋肉を引っ張っています。僧帽筋が硬くなっていしまうと、顎が前に突き出てしまいます。顔が体の上に乗っていない状態になり、顔の筋肉がリフトアップ出来なくなりたるみが起こってきます。

 

 

スキンケアによって肌のたるみを改善

加齢からコラーゲンが減少したら、コラーゲンを補う必要があります。これにはレチノール配合の美容液を寝る前のスキンケアにプラスをするだけで良く、使い続けるとハリのある肌になれます。

 

レチノールは紫外線に弱いので、夜に使用をします。ビタミンC誘導体L-アスコルビン酸にもコラーゲンを増やす作用があり、これらの成分が配合されている成分を使用するとたるみを防いで肌のハリをキープしてくれます。

 

紫外線でのダメージでは、紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めを塗るようにします。紫外線の強い季節はもちろん、紫外線が弱い季節も忘れないで塗る事です。屋内でも窓ガラスを通して紫外線は1年中当たるので、外に出かけない時も日焼け止めを塗るのは必要です。

 

乾燥からの肌のたるみを防ぐには、毎日のお手入れで保湿を行う事が大切です。角質層の隅々まで美容液が浸透するように、分子が小さくて保湿成分が沢山入っている化粧水を選んで保湿を行います。毎日のお手入れに入れるだけで良いので、手軽に出来る方法です。

 

スキンケア用品にたるみに効果のある成分が含まれているか、確認をしてから購入をする事です。これでたるみを予防出来て、見た目年齢が若くなります。